建設現場や工事現場のDX化には監視カメラを活用しよう

建設現場や工事現場においてもデジタル技術を活用して業務を効率化し、運営に変革をもたらす「DX化」が進められています。DX化を進めるための手段として有効なのが、監視カメラの活用です。

そこで今回は、建設現場や工事現場にDX化が求められている理由とともに、監視カメラ導入にどのようなメリットがあるかを紹介していきます。


建設現場や工事現場のDX化が必要な理由


建設現場や工事現場では、人手不足により限られた人数で業務を遂行しなければならない状況が続いています。業務の効率化は急務であり、現場管理に無駄な時間を費やしている暇はありません。

DX化によって業務効率化を図ることで、限られた作業人数でも業務を遂行することができるようになります。また、新型コロナウイルス感染症対策や防犯対策、災害対策など現場の運営に欠かせない各種対策にもDX化は欠かせない要素となるでしょう。

現場全体の状況を把握し、業務効率化や必要な安全対策を効率良く行うためにも、建設現場や工事現場では速やかなDX化が求められているのです。


建設現場や工事現場のDX化に監視カメラは不可欠


建設現場や工事現場のDX化には、監視カメラの設置がおすすめです。

続いては、建設現場や工事現場に監視カメラを導入することでどのようなメリットがあるのかを紹介します。


リアルタイム映像で遠隔地からでも運営が可能


建設現場や工事現場にリアルタイム録画に対応したネットワークカメラ内蔵の監視カメラを設置しておけば、現場の状況を24時間どんな場所からでも確認することができます。DX化により遠隔地からでもリアルタイムで監視カメラ映像を確認することができるようになれば、現場にいなくても指導や運営が可能となります。

例えば、「3密回避が徹底できておらず、コロナ対策に懸念がある」「作業員が1人になる場所が多く、安全管理に問題がある」など、現場が抱える問題を遠隔地からでも把握できるため、リアルタイムで適切な指導をすることが可能です。

また、複数の現場も同時に運営・管理することができるため、移動にかかる時間を削減し、業務の効率化にもつながります。


防犯対策・安全管理を監視カメラに任せることで人手不足を解消


現場の防犯対策や安全管理のために警備員を配置したくても、思うように人材を確保できないケースが増えています。また、人材を確保できても人件費がかかるため、コスト面から警備員の配置を断念せざるを得ない現場も多いでしょう。

DX化により監視カメラで防犯対策や安全管理を行うことができれば、警備員を無理に設置する必要はありません。現場の状況は監視カメラで確認し、音声や警報での警告や威嚇も可能です。


録画データはネットワーク上で管理することで集約や共有がスムーズに


ネットワークカメラ内蔵の監視カメラで記録した録画データは、PCやスマートフォン、タブレット端末からダウンロードができます。

DX化によるデジタル管理をすることで、データの集約や共有がスムーズになり、作業効率がアップするでしょう。ネットワーク上のデータは、不要になれば簡単に削除することができ、必要なデータだけを選んで保存、管理することができます。


カンタン監視カメラG-camは現場のDX化におすすめ


人手不足などさまざまな問題を抱える建設現場や工事現場においては、DX化が求められています。手軽にできるDX化としてぜひおすすめしたいのが、カンタン監視カメラG-camの活用です。

モバイルSIMと設定済みルーターを内蔵したG-camは、IP66相当の防塵防水機能を備えた全天候対応型の監視カメラで、ネットワーク環境が整っていない屋外においても電源さえあれば簡単に設置することができます。リアルタイム録画にも対応でき、録画データはPCやスマートフォンから確認したり、ダウンロードしたりすることもできるため、遠隔地からの現場管理にも役立つでしょう。

現場のDX化の第一歩には、カンタン監視カメラG-camの活用をぜひご検討ください。詳しい機能や機種ごとの月額料金につきましては、お問い合わせをお待ちしております。