防犯カメラ・監視カメラの工事費はどれくらいかかる?安くする方法を解説

防犯カメラ・監視カメラの設置を専門業者に依頼する場合、本体代金とは別に工事費を負担する必要があります。そのため、どれのくらいの工事費がかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか。  そこで今回は、防犯カメラ・監視カメラの設置にかかる工事費の内訳や、工事費を安く抑える方法について紹介します。 


防犯カメラの工事費としてかかるもの


  まずは、防犯カメラの工事費の内訳とそれぞれの相場について説明します。 


材料費


  防犯カメラの設置工事費の内訳として、必ず必要となるのがケーブルやネジなどの材料費です。設置場所や防犯カメラの機種によって必要な材料が異なるため、具体的な金額は見積もりを取って事前に確認しましょう。 


人件費


  防犯カメラの設置にあたり、配線作業などを業者に依頼する場合には、作業員の人件費が工事費としてかかります。人件費の相場は作業員1人あたり1日1万円~が目安となります。 


運搬費や出張費


  防犯カメラの設置工事を依頼する業者によっては、工事費として機材の運搬費や出張費を請求されるケースもあります。運搬費や出張費の相場は、1万円~2万円程度です。 


高所作業費


  高さ3mを超えるような場所に防犯カメラを設置する場合には、工事費に高所作業費がプラスされることがあります。高所作業費の相場は足場を組むか否か、作業車を使用するか否かによって変わってくるため、事前によく打ち合わせをして見積を取りましょう。 


壁貫通工事費


  防犯カメラの設置にあたって壁に穴を開けて配線を通す場合には、壁貫通工事費がかかります。壁貫通工事費の相場は、1ヶ所につき1万円~1万5千円程度です。 


電源の新設工事費


  電源(コンセント)のない場所に防犯カメラを設置する場合は、電源の新設工事費が必要です。電源の新設にかかる工事費の相場は、1ヶ所あたり1万円~1万5千円程度です。 


防犯カメラの工事費を安く抑える方法


  防犯カメラの設置にかかる工事費は、設置場所や設置するカメラの種類によって異なります。  設置場所が屋外の場合や高所作業費、壁貫通工事費などの特別工事費が必要になる場合には、工事費用が想定よりも高くなり、予算をオーバーしてしまうケースもあるでしょう。  防犯カメラの設置にあたって工事費を安く抑えるためには、配線工事不要で簡単に設置ができるタイプのカメラを選ぶことが大切です。特に、建設現場や工事現場など、一度に複数台の防犯カメラを設置しなければならない場合は、カンタン監視カメラG-camをご活用いただき、工事費を安く抑えてはいかがでしょうか。  カンタン監視カメラG-camの特徴は以下の通りです。 


配線工事不要で自分で設置ができる


  G-camは、モバイルSIMと設定済みルーターを内蔵したネットワークカメラです。録画した映像は、インターネット回線によって送信され、お手持ちのスマホやパソコンから簡単に確認することができます。  専用の録画機やモニターは必要ないため、配線工事などの設置工事は不要です。基本的に自分で設置ができるため工事費は0円で、届いたその日に電源につなげていただくだけで監視をスタートすることができます。  ただし、電源を新設する場合には電源の新設工事費のみ必要となります。 


モバイル回線を使用するため、面倒な設定は不要


  G-camはモバイル回線を使用しているため、Wi-Fi環境が整っていない屋外でもお使いいただけます。  面倒なネットワーク設定も不要なため、建設現場や工事現場などに複数台設置する場合でもスムーズに監視をスタートできるでしょう。 


レンタル監視カメラで初期費用0円


  G-camは、初期費用0円でお使いいただけるレンタル監視カメラです。  月額費用9,800円~の負担のみで好きな期間設置ができるため、限られた期間のみ稼働する工事現場や建設現場用の防犯カメラとしても最適です。万が一の盗難や破損保証も月額1,000円で付帯することができます。  G-camの月額費用は機種によって異なるため、詳しくはお気軽にお問い合わせください。