工事現場の事故防止対策にはどんな方法がある?監視カメラを活用しよう

           

工事現場では、重大事故が発生してしまうケースも珍しくなく、令和2年には建設業で258人の方が労働中の災害により命を落としています。このような事故を未然に防ぐために、工事現場ではどのような事故防止対策を講じる必要があるのでしょうか。 今回は、工事現場の事故防止対策として推奨されている事例や、監視カメラの活用をおすすめする理由について紹介します。


工事現場の事故防止対策として推奨されている事例


まずは、実際の工事現場の事故防止対策として推奨されている事例をいくつか紹介します。


墜落や転落事故の防止対策


工事現場の事故防止対策として最も重要視されているのが、墜落や転落事故の防止対策です。 例えば、床端部に単管手摺と巾木だけでなく、隙間からの墜落を防止できるネットを設置したり、現場での安全帯のフックをかける位置などについて訓練できる設備を設けたり、さまざまな対策が実際に行われています。


重機との接触事故防止対策


工事現場の事故防止対策としては、重機との接触事故の防止対策も重要です。 例えば、移動式クレーンの作業計画を作業日前日までに取りまとめ、現場の作業員全員に周知しておくなどの対策が行われています。また、重機との接触事故を避けるために、物理的に立ち入りが困難となるエリアを設けるといった方法も効果的です。


人的要因による事故防止対策


工事現場の事故は、人的要因によって引き起こされる場合もあります。 例えば、作業員の体調不良などが要因となって重大事故が発生してしまう可能性もあるため、現場にストレッチコーナーを設置する、健康チェックコーナー(血圧計などの設置)を設けるといった対策を行っている現場も少なくありません。


その他の事故防止対策


工事現場の事故防止対策としては、その他にも、朝礼において大型映像機材を導入して安全に関する連絡事項を作業員全員に周知する、災害掲示板を設置するといった対策を行うことも効果的です。 また、現場に監視カメラを設置しておくことで、現場の安全管理が徹底されているかどうかを離れた場所からでも監視することができます。危険な場所があれば注意喚起ができるのはもちろん、万が一事故が発生した場合の映像記録にも役立ちます。


工事現場の事故防止対策には監視カメラの導入がおすすめ


工事現場の事故防止対策には監視カメラの導入がおすすめです。現場全体を目視で確認するのは難しいですが、監視カメラを設置しておくことで、コストをかけずに現場全体の様子をリアルタイムで確認することができるようになります。 また、工事現場の事故防止対策のために監視カメラを設置するなら、コストと手間をかけずにすぐに設置ができるカンタン監視カメラG-camの活用がおすすめです。


配線工事、設定不要ですぐに監視がスタートできる


G-camは、電源につなげるだけで監視がスタートできるカンタン監視カメラです。 モバイルSIMと設定済みルーターを内蔵しているので、面倒なネットワーク設定も必要ありません。


撮影範囲が広く、高画質でスムーズな描画


G-camは360°以上監視可能なPTZカメラを内蔵しているため、撮影範囲が広く、現場全体を少ない台数で監視することができます。 また、最高500万画素の高画質で、光学5倍ズームも搭載。万が一、重大事故が発生してしまった場合にも、しっかりと映像を記録することができます。


IP66相当の防塵防水機能


G-camは全機種がIP66相当の防塵防水機能を備えており、全天候に対応しています。そのため、工事現場の過酷な状況でも故障などを心配せずに安心して設置することが可能です。 G-camは月額費用9,800円〜の負担でご活用いただけるレンタル監視カメラです。 G-camの機種ごとの詳しい機能や、月額費用については、お気軽にお問い合わせください。