防犯カメラ 人感センサー

防犯カメラ・監視カメラは人感センサー付きがおすすめ!特徴やメリットを解説


防犯対策として防犯カメラや監視カメラを設置するなら、人感センサー付きのものがおすすめです。 そこで今回は、人感センサー付き防犯カメラの特徴やメリットについて紹介します。


防犯カメラの人感センサーとは?


防犯カメラの人感センサーとは、その名の通り人を感知することができるセンサーのことです。まずは、防犯カメラの人感センサーの特徴やメリットについて紹介します。


人を感知して追跡できる


動体検知は動くもの全てに反応するのに対し、人感センサーは人や動物など体温があるもののみに瞬時に反応して追跡もできるため、より高い防犯効果を期待することができます。 また、人感センサー付き防犯カメラの中には、動物は感知せず人だけを感知する高機能センサーが搭載されたものもあります。


スマホで映像を確認できる


人感センサー付き防犯カメラの中には、リアルタイムで映像を確認できる常時録画タイプもあり、離れた場所からでもスマホやPCで映像を確認することができて便利です。 また、人感センサーが反応したと同時にアラートで知らせてくれる機能を搭載しているタイプもあり、夜間監視などで役立ちます。


警報で侵入者に威嚇ができる


人感センサー付き防犯カメラの中には、人を感知すると同時に警報を鳴らし、侵入者に威嚇ができるタイプもあります。 警報に驚いて逃走する侵入者も多く、より高い犯罪抑止効果が期待できるでしょう。


人感センサー付き防犯カメラはどこに設置すべき?


続いては、人感センサー付き防犯カメラはどこに設置するのが良いか、建設現場や工事現場への防犯対策を例として、おすすめの設置場所を紹介します。


出入口や駐車場


多くの作業員や業者が出入りする建設現場や工事現場の防犯対策では、出入口や駐車場に人感センサー付き防犯カメラを設置しておくことで、不審者の侵入の抑制につながります。 人を感知して追跡できるだけでなく、車両番号を映像に残すことができるため、万が一のときも犯人特定に役立つでしょう。


資材置き場や事務所


建設現場や工事現場では、無人になる夜間の時間帯に、資材盗難や事務所荒らしなどの被害にあうケースもあります。24時間警備員を配置するのはコストがかかりますが、人感センサー付き防犯カメラを設置するだけならコストや手間もかかりません。


人感センサー付き防犯カメラのおすすめを紹介


建設現場や工事現場に人感センサー付き防犯カメラを設置するなら、G-cam02がおすすめです。 ここからは、G-cam02のおすすめポイントについて紹介します。


人だけを感知する高性能センサー搭載


一般的な防犯カメラの人感センサーは、動物も感知してしまう場合があります。 しかし、G-cam02に搭載された高性能センサーなら人だけを感知することができるので、高い防犯効果が期待できます。


夜間でも撮影できる赤外線機能


G-cam02には、最大50mの赤外線照射機能が搭載されています。自動でモード切り替えができるため、特別な設定をすることなく夜間も連続監視ができ、建設現場や工事現場など屋外への設置も安心です。


アプリでリアルタイム通知が受け取れる


人感センサーが不審者の侵入を感知した場合には、カメラから警報を鳴らして威嚇することができます。また、専用のスマホアプリにリアルタイム通知が届く設定にしておけば、すぐに現場の映像を確認することができて安心です。 カンタン監視カメラG-cam02のその他の機能や、月額費用のプランについては、ぜひお気軽にお問い合わせください。