防犯カメラ・監視カメラはWi-Fi不要がおすすめ!選び方を解説

           

建設現場や工事現場に防犯カメラ・監視カメラを設置したいけれど、Wi-Fiなどの通信環境がなくて困っているという方もいるのではないでしょうか。防犯カメラ・監視カメラのなかには、Wi-Fi不要でどんな場所でも使えるタイプがあります。

そこで今回は、Wi-Fi不要タイプの防犯カメラ・監視カメラの種類、メリットや選び方について解説します。


Wi-Fi不要な防犯カメラ・監視カメラの種類



Wi-Fi不要な防犯カメラ・監視カメラの種類


Wi-Fiなどの通信環境がなくても使える防犯カメラ・監視カメラには、以下のような種類があります。


PoEカメラ


PoEとは、Power over Ethernetを略したもので、レコーダーとモニター、カメラを1本のLANケーブルでつないで使用するタイプのカメラです。レコーダーからカメラに送電するため、電源やWi-Fi環境がなくても使用できます。


電源を必要としないPoEカメラは、屋外の建設現場や工事現場にも設置しやすいというメリットがありますが、インターネット通信はできません。そのため、カメラの映像をPCやスマホを使って遠隔地から確認することはできず、現場に設置したモニターで確認することになります。


トレイルカメラ


トレイルカメラとは、人感センサーによって写真や映像を撮影できるカメラのことです。遠隔操作によって無人の状態で撮影できるため、建設現場や工事現場の夜間の防犯対策にも活用できます。


もともと野生動物のモニタリングを目的に開発されたカメラなので、屋外設置を基本とした頑丈な作りとなっているのが特徴です。乾電池式のカメラなので、電源やWi-Fi環境がない場所にも設置することができます。モニター内蔵のトレイルカメラも多く、録画した映像はカメラでそのまま確認するか、またはSDカードを抜きとってPCで確認することも可能です。


ただし、乾電池式で人や動物の熱を感知して作動するタイプなので、日中たくさんの人が出入りする現場を撮影すると、すぐに電池がなくなってしまう可能性が高いです。また、PCやスマホでリアルタイムの映像を確認したい場合は、Wi-Fiを必要とする通信タイプのトレイルカメラを選ばなければいけません。


LTEカメラ


LTEとは、Long Term Evolutionを略したもので、3Gを進化させた携帯電話・スマートフォン用の通信規格の一つです。

LTEカメラは、カメラ本体にモバイルSIMを内蔵しているため、電源さえあればどんな場所にも設置することができます。Wi-Fiなどの通信環境も不要で、撮影したカメラ映像はPCやスマホでリアルタイムに確認することが可能です。


LTEカメラはWi-Fi環境のない屋外設置向けの仕様となっていて、LTE回線はほぼ日本全国をカバーしているため、建設現場や工事現場に最も適したカメラの種類だと言えます。


Wi-Fi不要な防犯カメラ・監視カメラのメリット





Wi-Fi不要な防犯カメラ・監視カメラには以下のようなメリットがあり、建設現場や工事現場をはじめ、屋外に設置するカメラとして適しています。


初期費用を大幅に削減


SIM内蔵でWi-Fiを使用せずにインターネットに接続するLTEカメラなら、設置に際してLANケーブルの配線工事を行う必要はありません。

カメラで撮影した映像は内蔵されたSIMカードまたはクラウドサーバに保存され、PCやスマホから確認することができます。


レコーダーやモニターを用意する必要もないため、建設現場や工事現場に防犯カメラ・監視カメラを導入する際の初期費用を大幅に削減することが可能です。


カメラの移設が簡単


Wi-Fi不要なLTEカメラは、LANケーブルを使用しないため、カメラの移設も簡単に行うことができます。

Wi-Fi不要なカメラのなかには、取り付け工事不要で簡単に設置できるタイプもあります。


工期が決められた建設現場や工事現場の場合、カメラの移設が簡単にできるという点は大きなメリットと言えるでしょう。


屋外でも安定した通信環境


Wi-Fiを利用してインターネット接続するカメラの場合、通信が不安定になるというデメリットがあります。

Wi-Fiは障害物があると電波が届きにくくなることがあるほか、周波数によっては他の電気機器と干渉してしまい、通信速度が落ちてしまうといったことも起こります。


一方で、Wi-Fi不要なLTEカメラの場合、モバイルSIMを内蔵し、基地局が多く通信環境が安定したLTE回線を利用するため、日本全国ほとんどの場所で安定した通信環境を保てるというメリットがあります。

建物環境の影響を受けにくく、屋外設置にも適しているため、建設現場や工事現場に設置するカメラとしてぴったりではないでしょうか。


Wi-Fi不要な防犯カメラ・監視カメラの選び方



Wi-Fi不要な防犯カメラ・監視カメラの選び方


Wi-Fi不要な防犯カメラ・監視カメラのなかで、建設現場や工事現場に最も適しているのはLTEカメラです。

しかし、LTEカメラと一口に言っても、さまざまな種類が販売されています。そこで続いては、Wi-Fi不要なLTEカメラの選び方、建設現場や工事現場に設置するにあたって注目したいポイントを解説します。


防塵防水機能の有無


建設現場や工事現場の設置するカメラは、雨風や粉塵などにさらされるため、耐久性を重視して選ぶ必要があります。

IP66相当の防塵防水機能が備わったカメラなら、過酷な環境下でも安心して設置可能です。


赤外線機能の有無


建設現場や工事現場に保管された建設資材や工具などを狙って、夜間に不審者が侵入する可能性はゼロではありません。

実際、建設現場や工事現場では、夜の時間帯の盗難被害件数が多くなっています。

防犯対策としてカメラを設置するなら、夜の暗闇にも対応した赤外線機能付きを選ぶことが大切です。


ネットワーク初期設定の有無


LTEカメラのなかには、初期設定として面倒なネットワーク設定が必要なタイプもあります。初期設定が難しく、業者に依頼して対応してもらわなければならないケースもあるでしょう。


一方で、カメラ自体に初期設定が行われたルーターが内蔵されたタイプもあります。

防犯カメラ・監視カメラを選ぶときは、初期設定が必要かどうかも確認しておくと安心です。


通信容量制限の有無


LTE回線を使用している防犯カメラは、携帯電話用の通信回線を利用しているため通信容量制限がかかるものもあります。

建設現場や工事現場で24時間防犯対策をするなら、通信容量は無制限のタイプを選ぶことが大切です。


防犯カメラ・監視カメラはWi-Fi不要タイプのG-camがおすすめ


 





カンタン監視カメラG-camは、モバイルSIMを内蔵したWi-Fi不要タイプのカメラです。

LANケーブルの配線工事が不要なのはもちろん、以下のような特徴があり、建設現場や工事現場向けのカメラとして選ばれています。



  1. 24時間リアルタイムで監視が可能

  2. IP66相当の防塵防水機能

  3. 赤外線モードで夜間の撮影も可能

  4. 複雑なネットワークの設定が不要

  5. 導入に必要な初期費用が0円

  6. 複数人で同時閲覧できる

  7. デモ体験ができる


カンタン監視カメラG-camは、電源さえあれば簡単に設置することができるため、設置工事を業者に依頼する必要はありません。

現場への取り付け方法は、以下の動画をご覧ください。





また、デモ体験も可能で、実際の映像は以下よりご確認いただけます。


           

G-camは、初期費用0円で導入が可能なレンタルカメラです。

月単位でのご契約も可能なため、工期に合わせて必要な期間だけ設置するのも良いでしょう。


G-camの機能や料金など詳細につきましては、ぜひお気軽にお問合せください。


           

カンタン監視カメラG-camのご注文は、こちらから可能です。