SPECIAL

2020年8月03日

防犯カメラ・監視カメラの屋外設置は工事不要のG-camで!

防犯カメラを屋外に設置しようと考えた場合、気になるのが工事の有無ではないでしょうか。通常、防犯カメラの屋外設置には配線工事が必要になります。ですが、実は工事不要で屋外でも簡単に設置できる防犯カメラもあるのです。今回は、屋外でも工事不要で設置できる防犯カメラの特徴や設置時の注意点、弊社が提供する屋外設置工事不要の防犯カメラ「カンタン監視カメラG-cam」についてご紹介します。

防犯カメラの屋外設置には工事が必要?


防犯カメラを屋外に設置する場合、防犯カメラの取付工事、モニターや録画装置、LANケーブルなどをつなぐ配線工事など、様々な工事が必要になります。防犯カメラの設置工事を業者に依頼する場合は、防犯カメラの本体料金とは別に、設置工事にかかる費用も負担しなければなりません。


複数の防犯カメラを屋外に設置する場合にはそれぞれに費用がかかるため、防犯カメラの屋外設置においては、工事にかかる初期費用の負担がネックとなってしまうケースも少なくありません。


屋外設置でも工事不要な防犯カメラがある?


防犯カメラの種類によっては、屋外であっても工事不要で簡単に設置ができるものもあります。防犯カメラの導入コストを出来るだけ抑えたいなら、工事不要の防犯カメラを活用するのがおすすめです。


工事不要の防犯カメラはワイヤレスカメラとも呼ばれ、主に次の3つのタイプがあります。


 



  • 無線ネットワークタイプ

  • Wi-Fiネットワークタイプ

  • 電池タイプ


 


いずれのワイヤレスタイプの防犯カメラを選んでも、配線工事や設置工事は必要ありません。


工事不要の防犯カメラを屋外設置する際の注意点


防犯カメラを屋外に設置する場合、工事不要の防犯カメラは簡単に設置できるというメリットがありますが、一方で注意点もあります。それぞれの特徴を知り、設置場所や状況に合わせて最適なものを選びましょう。


無線ネットワークタイプの防犯カメラ


無線ネットワークを使って録画装置に映像を送るタイプの防犯カメラの場合、無線LANルーターやアクセスポイントが必要になります。防犯カメラの設置を希望する屋外に、すでに無線LANのアクセスポイントがあるという場合は問題ありませんが、無い場合にはルーターやアクセスポイントを用意しなければいけません。


また、カメラ本体とルーターの距離が離れてしまうと通信が不安定になるため、できるだけ防犯カメラに近い場所にルーターやアクセスポイントを用意する必要があります。


Wi-Fiネットワークタイプの防犯カメラ


Wi-Fiネットワークを利用して映像を送るタイプの防犯カメラは、Wi-Fi環境が整っている場所でしか利用できません。防犯カメラの設置を希望する屋外にWi-Fi環境が無い場合には、無線ネットワークと同様、Wi-Fiルーターかアクセスポイントの用意が必要です。Wi-Fiネットワークは通信が不安定になりやすく、映像が途切れてしまったり、画質が荒くなってしまったりと不具合がでることもあります。


また、防犯カメラの映像は大容量です。通信速度制限のあるWi-Fi回線を使用すると一気に上限に達してしまうため、通信速度制限のあるモバイルWi-Fiなどは適していません。


電池タイプの防犯カメラ


電池タイプの防犯カメラは電源がない場所でも使えるというメリットがありますが、電池の消耗が激しく、すぐに交換が必要なため常時録画には適していません。また、人感センサーによって録画するタイプの防犯カメラは、人通りが多い場所に設置するとすぐに電池が消耗してしまいます。


防犯カメラの屋外設置は工事不要のG-camがおすすめ!


防犯カメラを屋外に設置する場合、ほとんどの防犯カメラはネットワーク接続が必要です。しかし、ルーターやアクセスポイントが無い場所では設置ができず、またネットワーク設定が面倒というデメリットもあります。


そこでおすすめしたいのが、弊社が提供する屋外設置工事不要の防犯カメラ「カンタン監視カメラG-cam」です。G-camは屋外設置でも工事不要、モバイルLTE回線を利用して映像データを確認できるため、無線LANやW-Fiも不要な防犯カメラです。モバイルSIMと設定済みルーターを内蔵しているため、複雑なネットワーク設定も必要ありません。電源ひとつですぐにご使用いただけます。コンパクトなG-camは取り付けも簡単に行うことができます。初期費用0円、月額費用のみの負担となりますので、初期費用を大幅に削減することが可能です。


防水防塵機能に優れ、赤外線モードにも対応しているので、屋外での使用に最適な防犯カメラといえるでしょう。月額費用は、6ヶ月以上の利用で9,800円~となっています。




最後に


今回は、屋外でも工事不要で設置できる防犯カメラについてご紹介しました。ワイヤレスタイプの防犯カメラなら、屋外でも工事不要で設置可能です。ただし、なかには無線LANやWi-Fi環境が整った場所でしか使用できないタイプもあります。


工事不要なだけでなく、ネットワーク設定も不要なG-camなら、屋外であっても防犯カメラが届いた日からすぐに使用することができます。初期費用もグッと抑えることが可能です。


簡単に低コストで防犯カメラを設置したいという方は、ぜひG-camをご検討ください。