SPECIAL

2021年6月23日

建設現場や工事現場の防犯対策として防犯カメラを設置する場合、設置場所によっては動体検知機能が付いたカメラが適していることもあります。

そこで今回は、防犯カメラの動体検知の仕組みやメリットを紹介します。

防犯カメラの動体検知とは


動体検知機能とは、動いたものに反応して撮影する防犯カメラの機能を指しています。 動体検知機能の仕組みは、以下の2種類に分かれます。


画像の変化を判別するタイプ


防犯カメラで撮影される映像は、1枚1枚の静止画像の連続によって構成されています。 1枚事の画像のデータ容量は、映っている内容によって変化します。 例えば、人がいないときの画像よりも、人がいる同じ場所の画像の方がデータ容量は大きくなるので、この変化によって「動くものがある」と認識するのです。


人感センサーが搭載されたタイプ


防犯カメラ本体に、動物や人間の体温を検知するセンサー「人感センサー」が付いているタイプもあります。このタイプのカメラなら、動くもの(車など)と人間を区別することもできるので、「人物のみを検知して監視する」ことも可能となります。


動体検知機能のある防犯カメラを選ぶメリット


動体検知機能がある防犯カメラを選ぶことで、どのようなメリットがあるのでしょうか。


人を検知して追跡・警報を鳴らせる


建設現場や工事現場に動体検知機能がある防犯カメラを設置することで、防犯対策として効果的です。動体検知機能があることで、不審者の侵入を検知して警報を鳴らしたり、不審者を検知したときから防犯カメラ映像を別録画として保存したり、検知した不審者を追跡することができるようになります。


長時間の映像を確認する手間が省ける


建設現場や工事現場では、どんなトラブルがいつ起こるかは分かりません。そのため、防犯対策として防犯カメラを設置する場合、録画された映像を隈なく確認して、トラブルが起きていないかを確認する必要があります。 一方で、動体検知機能付きの防犯カメラなら、確認すべき映像は動くものが映っている部分のみに限定されるので、長時間の映像を隈なく確認する必要がなくなります。これにより、映像確認の時間を大幅に節約することができるでしょう。


動体検知機能付き防犯カメラはG-camがおすすめ


建設現場や工事現場の防犯対策として動体検知機能付きの防犯カメラ設置をお考えなら、カンタン監視カメラG-cam02をおすすめします。 G-camは全機種にモバイルSIMと設定済みルータを内蔵しており、電源ひとつで設置が完了する「カンタン設置」が魅力の監視カメラです。IP66相当の防水防塵機能を備えており、過酷な状況に置かれる建設現場や工事現場でも安心してご利用いただけます。 なかでもこのG-cam02は、動体検知機能に加え、3機種で唯一の人体検知機能も備えた高機能タイプです。500万画素の高画質カメラで、夜間撮影可能な赤外線モードも搭載しています。侵入者を検知して高画質で撮影ができるので、防犯対策にぴったりです。


防犯カメラは動体検知で侵入者を検知!


今回は、防犯カメラの動体検知機能の仕組みや、動体検知機能付きの防犯カメラを利用するメリットについて紹介しました。 カンタン監視カメラG-cam02には、動体検知機能に加え、人体検知機能も備わっています。人体検知機能のみをオンにして監視することもできるので、現場の侵入者対策にお役立ていただけます。G-cam02のその他の機能や、月額費用のプランについては、お気軽にお問い合わせください。