SPECIAL

2021年6月23日

最近では、人感センサー付きの防犯カメラ・監視カメラが人気を集めています。

そこで今回は、防犯カメラ・監視カメラの人感センサーとはどのようなものか、どんなシーンで役立つのかをまとめて紹介していきます。

防犯カメラの人感センサーとは?


人感センサーとは、赤外線や超音波の反射を使って人間または動物の体温を検知するセンサーのことです。人感センサーは、防犯カメラだけでなく、タッチで開くタイプの自動ドアなど身近なところで使われています。 人感センサーと同じように、人間や動物を感知する防犯カメラの機能としては、「動体検知」というものもあります。動体検知とは、物体の動きを検知して反応する機能のことで、人感センサーとは異なります。 防犯カメラにおける動体検知は、不審者が映ったときだけ映像を記録するので、録画時間を大幅に節約できるというメリットがある一方で、わずかながらタイムラグが発生するというデメリットもあります。 人感センサーなら瞬時に体温を検知できるため、タイムラグは発生しません。


防犯カメラの人感センサーはどんなシーンで役立つ?


続いては、防犯カメラの人感センサーが役立つシーンについて紹介します。


人がいない資材置き場の盗難抑止に


建設現場や工事現場の場合、昼間であっても資材置き場が無人になるケースは多く、盗難に遭うリスクがあります。人感センサー付きの防犯カメラのなかには、不審者を検知すると警報を鳴らして威嚇できるものもあり、犯罪抑止効果が期待できるでしょう。


夜間の事務所荒らし対策に


建設現場や工事現場が無人となる夜間は、資材置場だけでなく事務所も盗難被害に遭うリスクがあります。事務所の出入口や窓付近を撮影する防犯カメラを設置することで、不審者が事務所に近づいたときに人感センサーが反応して管理者に知らせてくれるため、より高い防犯効果が期待できます。


人感センサー搭載の防犯カメラ・監視カメラはG-cam02がおすすめ


続いては、建設現場や工事現場への設置をおすすめしたい人感センサーを搭載した監視カメラG-cam02について紹介します。


人だけを感知する高性能センサーを搭載


人感センサーは体温に反応するため、人だけでなく動物の侵入も感知してしまうことがあります。しかし、G-cam02に搭載された高機能センサーは人だけを感知するため、動物を感知する心配はありません。


アラーム警告だけでなく、マイクでの音声通話も可能


G-cam02は、人感センサーで不審者を検知した際、アラーム音で警告することができます。さらに、双方向の音声機能によってマイクで不審者に直接威嚇することも可能です。


500万画素の高画質


G-cam02は500万画素の高画質なので、不審者の顔や不審車両のナンバープレートも鮮明に記録できます。記録した映像は犯人の特定に役立てることができるでしょう。


全天候対応で屋外への設置も安心


G-camはIP66相当の防塵防水機能を搭載した全天候対応の防犯カメラです。過酷な環境に置かれる建設現場や工事現場にも、安心して設置することができます。


電源1つで簡単設置


G-camは、電源さえあれば簡単に設置することができる防犯カメラです。さらにモバイルSIMと設定済みルータが内蔵されているため、面倒なネットワーク設定も不要です。 業者に依頼しなくても簡単に防犯カメラの設置ができるため、いつでも監視をスタートさせることができます。


初期費用不要でコスト削減


G-camは、初期費用がかからないレンタル専用カメラです。月額費用の負担のみで設置ができるため、予算の限られた建設現場や工事現場でも導入しやすいというメリットがあります。 G-camの詳しい機能や月額費用につきましては、ぜひお気軽にお問い合わせください。