防犯カメラは有線と無線、どちらがおすすめ?メリット・デメリットを比較

           

防犯カメラには、有線と無線の2つのタイプがあり、それぞれメリット・デメリットが存在します。 そこで今回は、工事現場や建設現場に設置するなら有線と無線どちらがおすすめなのか、それぞれの違いやメリット・デメリットを比較しながら紹介します。


防犯カメラの有線と無線の違い


まずは、有線の防犯カメラと無線の防犯カメラの違いについて簡単に説明します。 有線の防犯カメラとは、カメラ、録画機、モニターを同軸ケーブルで配線することで、カメラで録画した映像をモニターで見られるようにする仕組みのカメラのことです。設置場所によっては専門業者による配線工事が必要なケースもあります。 無線の防犯カメラとは、カメラと録画機、モニターをケーブルでつなぐ必要のないカメラのことです。Wi-Fi回線やモバイル回線など、ネットワークを通じて映像を送信するため、同軸ケーブルでつなぐ配線工事は不要です。


防犯カメラの有線と無線はどちらがおすすめ?


有線の防犯カメラと無線の防犯カメラには、それぞれメリット・デメリットがあります。どちらがおすすめかは防犯カメラの設置目的や設置場所によってもことなるため、メリット・デメリットを比較しながらしっかりと検討することが大切です。


有線カメラのメリット・デメリット


有線カメラのメリットは、回線が安定していることです。カメラで撮影した映像は同軸ケーブルを通じて送信することができるので、インターネット環境によって映像が乱れてしまう心配がありません。 有線カメラのデメリットは、設置にあたって配線工事が必要となる点です。特に屋外に設置する場合には、録画機やモニターと接続するために壁に穴を開けるなどの工事が必要なる場合もあり、工事費用が高額になるケースもあるでしょう。また、複数台設置する場合にはそれぞれケーブルによる配線が必要となるため、手間がかかります。


無線カメラのメリット・デメリット


無線カメラのメリットは、配線工事を必要とせず、カメラ本体を設置すればすぐに使える手軽さにあります。自分たちで簡単に設置ができる防犯カメラを選べば、設置工事費用はかかりません。 ただし、録画映像データの送信にWi-Fi回線を使用するタイプのものは、インターネット環境によって映像が乱れてしまったり、録画できなかったりする場合があります。また、屋外に防犯カメラを設置する場合、Wi-Fi環境を整えること自体が難しいケースも珍しくなく、無線カメラのデメリットと言えるでしょう。


有線・無線で迷ったら…簡単に設置できる監視カメラG-camを試してみよう


有線と無線の防犯カメラにはそれぞれメリットとデメリットがあるため、迷ってしまう方も多いでしょう。どちらを設置すべきか迷ったら、配線工事不要で通信が安定したモバイルSIM内蔵のカンタン監視カメラG-camがおすすめです。 G-camは、モバイルSIMと設定済みルーターを内蔵したネットワークカメラで、設置にあたり配線工事は必要ありません。電源につなげるだけで監視がスタートでき、届いたその日から防犯対策に役立てることができます。映像の送信にはLTE通信回線を使用するため、Wi-Fi環境を整える手間もなく、回線状況も安定していて映像が乱れる心配もありません。また、録画した映像データはスマホやパソコンから簡単に確認、ダウンロードすることができるので、専門の録画機やモニターも不要です。 G-camはレンタル監視カメラなので月額費用9,800円〜の負担でご活用いただけます。建設現場や工事現場への設置に最適なIP66相当の防塵防水機能を搭載、全天候対応です。 G-camの機種ごとの詳しい機能や、月額費用については、お気軽にお問い合わせください。