赤外線カメラの仕組みとは?メリットや注意点を解説

           

赤外線機能付きのカメラは夜間撮影が可能なため、建設現場や工事現場の防犯対策や安全管理にも役立ちます。

そこで今回は、赤外線カメラの仕組みや現場に設置するメリット、設置するときの注意点について紹介していきます。


赤外線カメラとは


赤外線機能付きのカメラは、夜間撮影を行うために開発されたカメラです。

赤外線を照射することで暗闇での録画が可能となり、コンビニやコインパーキングなど、24時間稼働している場所での防犯対策や野生動物の観察・研究などに役立てられています。


赤外線カメラの仕組み


赤外線機能付きのカメラは、カメラ本体から赤外線を照射し、それにより周辺を照らしながら映像を記録する仕組みとなっています。

赤外線は一般的な光とは異なり、人の目には見えない光です。しかし、人の目よりも感度の高いカメラは赤外線を捉えることができるため、周辺が照らされて映像の記録が可能となるのです。


現場に赤外線カメラを設置するメリット


赤外線機能付きのカメラは、建設現場や工事現場の防犯対策や安全管理にも役立ちます。

ここからは、現場に赤外線機能付きカメラを設置するメリットについて紹介します。


夜間の安全管理に役立つ


夜間も稼働している建設現場や工事現場では、いつ事故が発生するか分かりません。

しかし、夜間は作業人数が少ないケースが多いため、万が一重大事故が発生しても適切な対処ができないかもしれないという懸念もあるのではないでしょうか。

赤外線機能付きカメラで遠隔地からでも映像を確認することができれば、夜間でも迅速かつ適切な指示を出すことができるため、スピーディーな事故対応が可能となり、安全管理に役立ちます。


資材の盗難防止や事務所荒らしなど犯罪抑制につながる


夜間は人が少なくなる建設現場や工事現場では、資材の盗難や事務所荒らしなどの犯罪が発生するケースも珍しくありません。

資材置き場や事務所の入り口など、不審者の侵入が懸念される場所に赤外線機能付きカメラを設置しておくことで犯罪抑止効果が期待できるほか、万が一被害に遭ってしまった場合にも、記録映像から犯人特定につながるケースもあるでしょう。


24時間連続監視が可能となる


建設現場や工事現場に適した監視カメラのなかには、昼間は通常の監視カメラとして使用し、夜間には自動で赤外線モードに切り替えができるタイプのカメラもあります。

このようなカメラを現場に設置しておけば、1台で24時間連続監視が可能です。


現場に赤外線カメラを設置するときの注意点


現場に赤外線機能付きカメラを設置するにあたって、注意点があります。それは、撮影距離についてです。

赤外線機能付きカメラで撮影ができるのは、赤外線が届く範囲のみとなっています。つまり、赤外線センサーの照射距離によっては昼間よりも夜間の撮影範囲が狭くなってしまう可能性もあるので、注意しておきましょう。

赤外線の照射距離は機種ごとに異なりますが、15m〜30m程度が一般的です。建設現場や工事現場に設置するカメラを選ぶときは、赤外線の照射距離を確認するようにしましょう。


自動で赤外線モードに切り替え!G-camを活用しよう


建設現場や工事現場の防犯対策、安全管理に役立てるなら、自動でモード切り替えが可能な赤外線機能付き監視カメラの活用がおすすめです。

カンタン監視カメラG-camなら、最大50mの赤外線照射で暗闇での監視が可能となっており、周りの光を感知してモードの切り替えを自動で行うこともできます。モバイルSIMと設定済みルーターが内蔵されているので、電源がある場所なら設置も簡単にできるでしょう。IP66相当の防塵防水機能など、過酷な現場への設置に欠かせない機能も充実しています。

G-camの機種ごとの性能や月額料金につきましては、お気軽にお問い合わせください。