SPECIAL

2021年10月29日

建設現場や工事現場に設置する防犯カメラや監視カメラは、手軽に使える簡易的なものを選びたいという方が多いのではないでしょうか。しかし、いくら設置や操作が簡単でも、機能性が劣るものでは十分な効果は得られないため、選ぶときには注意が必要です。

そこで今回は、設置が簡単で手軽に使える簡易防犯カメラの特徴や、簡易防犯カメラの中でも建設現場や工事現場への設置に適した機能性を誇るG-camの魅力について紹介します。

簡易防犯カメラの特徴やメリット


簡易防犯カメラには、以下のような特徴やメリットがあります。


配線工事・設置工事が不要


簡易防犯カメラは、カメラと録画機のケーブル接続が不要なワイヤレスカメラが中心となっているため、防犯カメラを設置するために配線工事や設置工事をする必要がありません。 自分たちで簡単に取り付けができるので、届いたその日から監視をスタートすることも可能です。


初期費用が安い


簡易防犯カメラは、カメラ本体の料金も安めに設定されていることが多く、ケーブルや録画機、モニターなどを購入する費用もかからないため、初期費用が安く済みます。 とはいえ、安いからといって料金だけで防犯カメラを選ぶのはおすすめできません。料金が安い簡易防犯カメラの中から、建設現場や工事現場への設置に適した機能を備えたものを、しっかりと選ぶようにしましょう。


設置場所を移動できる


設置が簡単な簡易防犯カメラなら、設置場所も自由自在に変更できます。 現場内での移動はもちろん、1つの現場の稼働期間が終われば、次の現場に場所を移して使用することも可能です。


スマホで映像が見られる


簡易防犯カメラはネットワークカメラが内蔵されていることがほとんどのため、録画した映像はインターネット回線を通じてスマホやパソコンから見ることができます。現場間を移動する隙間時間を有効活用し、現場のリアルタイム映像を確認することも可能です。


簡易設置かつ機能性に優れたカンタン監視カメラはG-camがおすすめ


今回は、建設現場や工事現場でも手軽に使える簡易防犯カメラの特徴やメリットについて紹介しました。簡易防犯カメラは、カメラ自体の料金も安いものが多く、設置も自分たちでできるため、配線工事費用などの初期費用がかかりません。 しかし、建設現場や工事現場に簡易防犯カメラを設置するなら、設置が簡単で料金が安いというだけでなく、必要な機能性がきちんと備わっているかどうかを確認しながら選ぶことが大切です。 建設現場や工事現場への設置に適した簡易防犯カメラをお探しの方には、電源につなげるだけで設置が完了するカンタン監視カメラG-camの活用がおすすめです。 G-camは、全機種にモバイルSIMと設定済みルーターを内蔵したネットワークカメラです。カメラを設置し、電源をONにしてログインしていただくだけで、その日から監視を始められるほか、録画した映像はスマホやパソコンから簡単に見ることができ、保存も可能です。 さらに、G-camはIP66相当の防塵防水機能や夜間撮影に適した赤外線モードなど、建設現場や工事現場への設置に欠かせない機能を搭載しています。機種によっては、遠隔地からでも音声で威嚇ができる機能や人感検知機能が備わったものもあり、現場の資材置き場や事務所、夜間の防犯対策に最適です。 G-camはレンタルカメラのため、月額費用は月々9,800円~で初期費用はかかりません。 カンタン監視カメラG-camについてより詳しい情報を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。