監視カメラの設定方法を種類別に解説!簡単に使えるカメラはどれ?

           

監視カメラの設定方法はカメラの種類によって異なるため、「できるだけ簡単に設定ができる監視カメラを選びたい」という方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、監視カメラの一般的な設定方法をはじめ、設定方法が簡単にできるおすすめの監視カメラとしてG-camの魅力を紹介します。


監視カメラの設定方法は種類によって違う


まずは、アナログカメラとネットワークカメラの基本的な設定方法について紹介します。


アナログカメラの設定方法


アナログカメラとは、録画機とモニターを同軸ケーブルで接続することで、録画した映像を映し出すことができるカメラです。 【基本的な設定手順】 ① カメラと録画機、モニターをそれぞれ電源につなぐ ② カメラと録画機、モニターを配線ケーブルでつなぐ(必要な場合は変換コネクタを使用する) アナログカメラの設定は、録画機やモニターの接続端子に正しくケーブルをつないでいく作業が必要となります。そのため、特に建設現場や工事現場など屋外で監視カメラを利用する場合は、業者に依頼して配線工事を行うケースも多く、設定するために余分な時間や費用がかかる点がデメリットです。


ネットワークカメラの設定方法


ネットワークカメラとは、録画した映像をネットワーク回線を通じて送信できるタイプの監視カメラのことです。ネットワークカメラには有線LANを使用するタイプと無線LAN(Wi-Fi)を使用するタイプ、モバイル回線を使用するタイプがあり、それぞれ設定方法が異なります。 有線LANを使用するタイプの監視カメラは、ルーター、パソコン、カメラをLANケーブルで有線接続する必要があります。複数台設置する場合には、スイッチングHUBと呼ばれる機械も使用します。また、ケーブルによる接続が完了した後には、パソコンからのIPアドレスの設定も必要です。 無線LAN(Wi-Fi)で使用するタイプでは、LANケーブルを使用する配線工事は必要ありませんが、SSIDとパスワードの設定が必要となります。 モバイル回線を使用するタイプの場合、LANケーブルでの優先接続やWi-Fi接続のための設定を行う必要はありません。電源さえあればすぐに使える監視カメラが多く、設定をする手間はかかりません。


監視カメラの設定は簡単なほうがいい!G-camを活用しよう


複数の監視カメラが必要となる建設現場や工事現場の場合、初期設定ができるだけ簡単にできるものを選びたいという方も多いでしょう。カンタン監視カメラG-camは、面倒な設定不要で電源さえあればすぐに監視をスタートできるため、建設現場や工事現場の監視にぴったりです。 ここからは、初期設定が簡単にできるG-camの魅力を紹介します。


配線工事不要のカンタン設置


G-camには、全機種にモバイルSIMと設定済みルーターを内蔵したネットワークカメラです。そのため、録画機やモニターとカメラをつなぐ配線工事は不要です。


面倒なネットワーク設定は不要


G-camは、有線LANでも無線LANでもなく、モバイル回線を通じて録画した映像を送信しているため、IPアドレスの設定やWi-FiのSSIDとパスワード設定など面倒な作業は一切不要です。電源につなげるだけで、届いたその日から監視をスタートすることができます。


IP66相当の防塵防水機能で屋外設置に対応


G-camはモバイルSIM内蔵のため、Wi-Fi環境を整えるのが難しい屋外設置にも適しています。さらにカメラ本体はIP66相当の防塵防水機能が備わっているため、厳しい環境下に置かれる建設現場や工事現場でも安心してご利用いただけます。 G-camはレンタルカメラのため、月額費用は月々9,800円~で初期費用はかかりません。 カンタン監視カメラG-camについてより詳しい情報を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。