SPECIAL

2021年8月19日

工事現場における予算管理や経費の管理も現場監督の業務の一つです。

そこで今回は、工事現場における現場管理費とは何なのか、どのような項目が含まれるのかを紹介していきます。

現場管理費とは


現場管理費とは、工事現場を管理・運営するのにかかる費用のことです。 現場監督は、工事にかかる原価を適切に把握して入札金額を設定する必要があります。また、現場管理費が予算内に収まらなければ、予定通りの利益が出なくなってしまいます。 そのため、現場監督は現場管理費を把握しておかなければないのです。


現場管理費の主な項目とは?


続いては、現場管理費の主な項目について紹介します。


人件費


現場管理費の人件費とは、作業員の給与や賞与、各種手当などを指します。また、法定福利費も(労災保険、健康保険、雇用保険、厚生年金保険の会社負担分)も人件費にあたります。


労務管理費


作業員に関わる費用のうち、人件費以外の費用を労務管理費といいます。 例えば、採用募集にかかる費用や作業員の食事代、交通費、作業服代などが労務管理費含まれます。


保険料


現場管理費の保険料とは、工事車両が加入する自動車保険や、工事保険、請負業者賠償責任保険などの保険料のことです。


租税公課


現場管理費の租税公課とは、固定資産税や自動車税などの税金のことです。現場管理費を把握するうえでは、かかる税金も忘れてはいけません。


事務用品費


現場管理費の事務用品費とは、現場の事務所や倉庫内で使用する事務用品の購入費用のことです。


通信費


現場管理費の通信費は、現場を運営するのに必要な電話やインターネット回線にかかる費用、郵便にかかる費用を指しています。


交際費


現場管理費の交際費は、主に現場に来客があった場合の対応費用です。ペットボトルのお茶の購入費やウォーターサーバーの設置料金などが含まれます。


監視カメラの費用も現場管理費に含まれる?


防犯対策や安全管理、遠隔地からの工程管理を目的に、現場に監視カメラを導入するケースが増えています。この監視カメラにかかる費用も、現場管理費用に含まれます。 そのため、現場に監視カメラを導入する際は、工事原価を抑えるためにも、導入時の初期費用やランニング費用を最小限に抑えられるカメラを選ぶことが大切です。 ただし、だからと言ってすぐに故障してしまう安物のカメラを選んでしまうと、修理や付け替えに費用がかかり、コストパフォーマンスが悪くなります。また、広い現場の場合、監視カメラを複数台設置する必要があるため、カメラの選び方によっては導入時に膨大なコストがかかってしまうでしょう。 工事現場や建設現場に監視カメラを導入するなら、初期費用がかからず月額費用の負担のみで複数台のカメラを設置できるレンタルカメラもおすすめです。


現場管理費を抑えるならカンタン監視カメラG-camを選ぼう


現場管理費を最小限に抑えたい現場監督におすすめの監視カメラが、カンタン監視カメラG-camです。ここからは、カンタン監視カメラのG-camの魅力を紹介します。


IP66相当の防塵防水機能


G-camは、全機種にIP66相当の防塵防水機能が備わっています。 屋外設置に適しており、過酷な状況にある工事現場にも安心して設置することが可能です。


設置工事、配線工事は必要なし


G-camは、電源1つあれば簡単に設置ができる監視カメラです。カメラの設置工事や配線工事は必要ないため、初期費用を大幅に削減することができます。


モバイルSIM・設定済みルーターが内蔵


G-camにはモバイルSIMと設定済みルーターが内蔵されており、面倒なネットワーク設定も不要です。録画した映像データはスマホやパソコンから確認ができるので、モニターや録画機を別途購入する必要もありません。


初期費用0円のレンタルカメラ


G-camは、初期費用0円のレンタルカメラです。 必要な月額費用は機種によって異なりますが、月々9,800円〜となっています。必要な期間だけ1ヶ月単位で設置することができるので、無駄なコストがかかりません。また、盗難・破損補償も月額1,000円で付帯できるので、いざというときも安心です。 監視カメラにかかる費用を抑えて現場管理費用を節約したいという現場監督の方は、ぜひカンタン監視カメラG-camをご活用ください。