建設現場で取り組むべき安全対策とは?

建設現場では、命に関わる重大事故が発生するリスクがあります。事故を未然に防ぐためには、安全対策が欠かせません。

そこで今回は、建設現場で取り組むべき安全対策について、具体的な事例を紹介していきます。


建設現場における安全対策の取り組み事例


それでは早速、建設現場における安全対策の取り組み事例を紹介します。


安全教育の徹底


建設現場で働く作業員一人ひとりの安全意識を高めるためには、安全教育が有効です。

特に現場への新規入場者には、入場時の安全教育をしっかりと行うことが大切で、作業員全体での継続的なフォローも必要です。

他にも、外部講師を招いて講習会を開いたり、パワーポイントの資料を用いたプレゼン型の安全訓練を実施したり、安全教育はさまざまな方法で実施することができます。


パトロールの徹底


建設現場の安全対策としては、万が一の事故に備えて現場のパトロールを徹底することも大切です。

例えば、専任の安全巡視員を配置するほか、社外から労働安全コンサルタントを迎えて安全パトロールを実施するなど、パトロールの強化によって安全確保に努めている現場もあります。


作業環境の改善


建設現場の作業環境を改善することも、重大事故を防ぐことにつながります。

例えば、熱中症対策として仮設テントの休憩所を設置したり、送風機付きの作業着の着用を義務付けることも、現場の安全対策の一つとして有効です。


墜落・転落事故防止対策


高所作業を必要とする建設現場では、墜落・転落事故の防止対策が欠かせません。

水平ネットや手摺などの安全装置を設置するなど、必要な対策を講じましょう。


建設機械等による事故防止対策


建設現場では、建設機械等に起因する重大事故も発生しています。

そのため、事故防止対策として、重機へのバックセンサーやバックモニターの設置、挟まれ防止バーを取り付けなどの対策を講じている現場もあります。


落下事故防止対策


建設現場では、通行人や一般車両を巻き込む恐れがある落下事故についても、適切な防止対策が必要です。

ラッセルネットや作業床を設置することで、落下事故の防止に努めている現場もあります。


転倒事故防止対策


作業員はもちろん、現場周辺を通る人が転倒する事故を防止するために、必要な対策を実施している現場もあります。

例えば、現場内の仮設歩道に防犯灯を設置することで第三者の災害防止に努めたり、作業員が埋込鉄筋につまずかないように黄色のカバーで目立たせるようにしたりなど、建設現場ごとにさまざまな安全対策が見られます。


建設現場の安全対策には監視カメラを活用しよう


建設現場での事故を未然に防ぐためには、適切な安全対策を行う必要があります。

そんな建設現場の安全対策におすすめなのが、監視カメラの活用です。現場の状況把握には、安全巡視員によるパトロールが有効ですが、現場の稼働時間中、絶え間なく現場全体を監視する人員を確保するためには、多額の人件費が必要となります。

監視カメラなら、現場内に複数台設置しておくだけで、24時間リアルタイム監視が可能です。


建設現場の安全対策に監視カメラを活用するなら、電源1つで簡単に設置ができるカンタン監視カメラG-camをぜひご検討ください。

G-camの主な魅力は以下の5点です。


電源につなげるだけのカンタン設置で工事不要

モバイルSIM、設定済みルーター内蔵で面倒なネットワーク設定不要

IP66相当の防塵防水機能搭載で全天候対応

赤外線モードに自動切り替えで夜間も撮影できる

初期費用0円(月額費用のみの負担)、往復送料無料で設置可能


G-camのカメラ映像は、デモ体験でご確認いただくことができます。

https://gcam.jp/demo/

機能や月額料金は機種によって異なり、詳しい資料は以下よりダウンロード可能です。


他にも、カンタン監視カメラG-camについて気になることは、ぜひお気軽にお問い合わせください。