SPECIAL

2021年6月23日

トランクルームを運営するにあたって、盗難防止対策をどうするかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、トランクルームに求められる盗難防止対策の種類や、トランクルームの運営に監視カメラの活用がおすすめの理由について紹介します。

トランクルームの盗難防止対策


まずは、トランクルームの盗難防止対策について、具体的な方法をいくつか紹介します。


スタッフや警備員が巡回する


スタッフや警備員を配置してトランクルームを定期的に巡回させるなど、有人管理による盗難防止対策は非常に高い犯罪抑止効果が期待できます。 しかし、24時間スタッフや警備員をトランクルームに駐在させるとなると、一定の人件費がかかります。そのため、できるだけ費用をかけずにトランクルームの盗難防止対策を行いたいという場合には不向きと言えるでしょう。


セキュリティカードや鍵を強化する


無人管理でトランクルームの盗難防止対策を強化するなら、セキュリティカードや鍵の強化を行うことも重要です。トランクルームは鍵のみで施錠するよりも、セキュリティカードや暗証番号を用いる方が防犯効果は高いと言われています。 鍵やセキュリティカードを導入するための費用はかかりますが、スタッフや警備員を常駐させるよりも費用を抑えることができるでしょう。


監視カメラや防犯カメラを設置する


セキュリティカードを導入したからといって、それでトランクルームの盗難防止対策が万全というわけではありません。トランクルームの盗難防止対策には、監視カメラや防犯カメラの設置がおすすめです。 トランクルームに監視カメラや防犯カメラを設置することで、離れた場所からでもリアルタイムでカメラ映像によって現地の様子を確認することができます。さらに、万が一犯罪被害に遭ってしまった場合も、記録映像があれば犯人特定につながる可能性が高くなるでしょう。


トランクルームの運営に監視カメラ設置は必須!


トランクルームの利用者が、どこのトランクルーム選びで最も重要視するのは、「預けた荷物が盗まれたり、傷つけられたりしないか」という点ではないでしょうか。特に屋外に設置されたコンテナ型トランクルームの場合は、「本当にここに大事な荷物を置いても大丈夫だろうか」と不安に感じる利用者もいます。 そのため、トランクルームを運営するにあたっては、盗難防止対策やセキュリティ対策をしっかりと行い、安心して使ってもらえるよう利用者にアピールする必要があります。 監視カメラの設置によるトランクルームの盗難防止対策は、24時間監視を行っていることをアピールすることができるため、大きな強みとなるでしょう。


トランクルームの盗難防止に役立つおすすめの監視カメラ


トランクルームの盗難防止対策として監視カメラを設置する場合は、以下のポイントに着目してカメラを選びましょう。 ・全天候型監視カメラ ・ネットワークカメラ(LTE回線) ・赤外線(夜間撮影モード)搭載 トランクルームには屋内型と屋外型がありますが、特に屋外型トランクルームの場合、監視カメラの設置場所も屋外になるため、監視カメラは全天候対応のものを選ぶ必要があります。 また、離れた場所からでも遠隔監視を可能にするためには、ネットワークカメラが内蔵されたタイプを選ぶ必要がありますが、Wi-Fi回線を使用してインターネット接続する場合は通信が不安定になることがあるため、できればモバイル回線(LTE回線)が使えるタイプの監視カメラを選ぶほうが良いでしょう。 さらに、24時間連続でトランクルームを監視する場合は、赤外線(夜間撮影モード)が搭載された監視カメラが必要です。 トランクルームに設置する監視カメラは、カンタン監視カメラG-camがおすすめです。G-camは、IP66相当の防水防塵機能搭載で全天候に対応しているため、外にも安心して設置できます。また、モバイルSIMと設定済みルータが内蔵されているため、届いたその日から監視をスタートすることも可能です。赤外線モードも搭載されているため、夜間もしっかり監視ができます。 トランクルームの盗難防止対策に監視カメラ設置をご検討の方は、ぜひ、カンタン監視カメラG-camをご検討ください。G-camの性能や価格についてさらに詳しく知りたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。