SPECIAL

2020年9月02日

防犯カメラや監視カメラで撮影した映像をどのようにして見ればよいのか、リアルタイムに映像を見ることができるのかについて、気になっている方も多いのではないでしょうか。G-camなら、スマホやパソコンから防犯カメラの映像が見られるため、便利にお使いいただけるでしょう。今回は、防犯カメラや監視カメラの映像をスマホやパソコンから見られるメリットや注意点について解説します。


防犯カメラの映像はどうやって見る?


まずは、一般的に用いられている防犯カメラ映像の確認方法についてご紹介します。防犯カメラ映像の確認方法は、映像の記録媒体によって異なります。


HDDに映像を記録するタイプの防犯カメラなら、HDDとTVをケーブルで繋いで映像を確認することができます。SDカードに映像を記録するタイプの防犯カメラなら、SDカードをPCに挿し込むことで、映像を見ることができるでしょう。


G-camのようにネットワーク接続が可能な防犯カメラであれば、スマホやパソコンから防犯カメラの映像が見られるため、移動中や離れた場所からでも現場の状況を確認することができます。


スマホやパソコンで防犯カメラの映像が見られるメリット


スマホやパソコンで防犯カメラの映像が見られるメリットについて、いくつか紹介します。


カメラと録画装置をつなぐケーブルが必要ない


スマホやパソコンから防犯カメラ映像が見られる場合、カメラと録画装置、モニターをつなぐケーブルは必要ありません。ケーブルを用意する必要がないことから、配線工事なしで手軽に防犯カメラを利用することができます。


離れた場所からも防犯カメラの映像が見られる


ネットワーク回線を利用して防犯カメラ映像が見られる場合、離れた場所からであっても映像を確認することができます。つまり、建設現場や工事現場に設置した防犯カメラ映像を、会社オフィスはもちろん、遠隔でどこからでも見られるということです。


防犯カメラ映像のダウンロードが簡単


防犯カメラの映像は、スマホやパソコンを使って、保存されている映像データをダウンロードすることもできます。気になる映像をダウンロードしておけば、いつでも見られるので便利でしょう。


防犯カメラの映像の取り扱いに関する注意点


スマホやパソコンから映像が見られることで、防犯カメラから離れた場所からでも防犯カメラ映像が見られるので便利です。しかし一方で、防犯カメラの映像データは個人情報になりますから、簡単にアクセスされないようにIDやパスワードの管理はしっかりと行いましょう。


G-camの特徴とは?


建設現場や工事現場に防犯カメラを設置したいとお考えの方には、スマホやパソコンから簡単に防犯カメラ映像が見られるG-camがおすすめです。G-camの特徴について、簡単に紹介します。


配線工事が不要、電源があればすぐに使える


G-camの設置に面倒な配線工事は必要ありません。電源に挿すだけで、その日からすぐに監視をスタートしていただけます。「配線工事をしている時間がない」という方にもおすすめです。


モバイルSIMと設定済みルーター内蔵


G-camには、モバイルSIMと設定済みルーターが内蔵されているので、面倒なネットワーク設定は一切不要です。


過酷な現場でも安心の全天候対応


G-camは全機種にIP66相当の防塵防水機能が備わっています。さらにレンズはドームに覆われているのでトラブルに強くなっています。全天候対応なので、過酷な建設現場・工事現場でも安心してお使いいただけます。


赤外線モード搭載で24時間監視可能


G-camは全機種に20mの赤外線照射機能がついています。周りの光を感知して、モードが自動で切り替わるので、面倒な設定は必要ありません。夜間撮影可能なG-camなら、24時間の監視に対応できます。


G-camなら初期費用0円!月額費用は?


建設現場や工事現場への設置におすすめの高機能カメラ、G-camは初期費用0円でお使いいただけます。月額費用は、機種によって異なりますが、次の通りです。


また、盗難・破損保証は月額1,000円で付帯いただけます。


最後に


今回は、スマホやパソコンから防犯カメラの映像が見られるメリットや注意点についてご紹介してきました。配線工事もネットワーク設定も不要なG-camなら、届いたその日からすぐに監視を開始していただけます。映像もスマホやパソコンから簡単に見ることができ、便利です。


カンタン監視カメラG-camについてより詳しく知りたいという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。